メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

新欧州委員長選出 独仏が駆け引き 「EUの大きな変化を象徴」

EU首脳人事相関図

 欧州委員長を軸とするEUのトップ人事は5月下旬の欧州議会選後に本格化した。加盟国の首脳による協議は難航し、いくつもの名前が浮かんでは消えた。「キングメーカー」の役割を果たしたのはフランスのマクロン大統領だった。

 当初は独仏首脳間の対立が表面化した。メルケル独首相は「筆頭候補制」に従い、最大会派EPPのウェーバー欧州議員(ドイツ)を推したが、リベラル系会派のマクロン氏は「経験不足」などを理由に拒絶。委員長ポストをドイツに譲ることに警戒感があるともされた。

 独仏が譲歩して浮上したのがオランダ元外相で欧州委員会のティメルマンス第1副委員長だった。第2会派の…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文939文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです