連載

支え合う「移民時代」

在日外国人が増え続ける少子高齢化社会・日本。多様な背景を持つ人々が支え合う社会を生み出すためのヒントを探ります。

連載一覧

支え合う「移民時代」

日本の企業文化見直しを イラン出身企業コンサルタント・石野シャハランさん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
多文化理解促進の企業コンサルティングを行うイラン出身の石野シャハランさん(38)=東京都渋谷区で2019年7月8日、和田浩明撮影
多文化理解促進の企業コンサルティングを行うイラン出身の石野シャハランさん(38)=東京都渋谷区で2019年7月8日、和田浩明撮影

 270万人を超え増え続ける在留外国人。雇用する日本人経営陣と外国人スタッフの摩擦も生じている。対立を乗り越えるにはどうすればいいのか。約10年のサラリーマン経験を経て日本国籍を取得、企業コンサルタントとして独立したイラン出身の石野シャハランさん(38)に聞いた。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2860文字(全文3011文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集