メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害時に潜在看護職を活用へ 知多半島の7市町と連携 全国初 日本福祉大

 日本福祉大(愛知県美浜町)は知多半島の7市町と連携し、看護師などの免許を持ちながら就業していない人材の発掘に乗り出す。大災害の発生直後に、応急処置などの初期対応に当たってもらうのが目的。今後、自治体の広報誌などを通して賛同者を募り、研修を行う。同大によると、市民から潜在看護職を探して支援要請するこうした取り組みは全国初という。【町田結子】

 潜在看護職には、保健師や助産師、准看護師も含まれる。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. ドキュメンタリー映画「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」田部井監督インタビュー

  3. 大阪都構想 維新政治、評価二分 民間委託推進「地下鉄きれいに」「金儲け主義」

  4. どうなる大阪市!なるか「東京に並ぶ副首都」? 都構想 大都市制度巡る議論に一石

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです