直木賞に大島さんの「渦」 豊竹呂太夫さん「文楽に注目が集まれば」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
豊竹呂太夫さん=東京都港区で2017年9月28日、武市公孝撮影
豊竹呂太夫さん=東京都港区で2017年9月28日、武市公孝撮影

 第161回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が17日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、直木賞に大島真寿美さん(56)の「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」(文芸春秋)が選ばれた。大島さんの「渦」は、現在は文楽として親しまれる人形浄瑠璃の世界を描く。受賞の知らせに、親交のある文楽太夫の豊竹呂太夫(ろだゆう)さん(72)は「近松半二という伝説的な人物が生き生きと描かれ、身近な友人のように感じられる。受賞を機に改めて文楽…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

あわせて読みたい

ニュース特集