メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

直木賞に大島さんの「渦」 豊竹呂太夫さん「文楽に注目が集まれば」

豊竹呂太夫さん=東京都港区で2017年9月28日、武市公孝撮影

 第161回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が17日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、直木賞に大島真寿美さん(56)の「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」(文芸春秋)が選ばれた。大島さんの「渦」は、現在は文楽として親しまれる人形浄瑠璃の世界を描く。受賞の知らせに、親交のある文楽太夫の豊竹呂太夫(ろだゆう)さん(72)は「近松半二という伝説的な人物が生き生きと描かれ、身近な友人のように感じられる。受賞を機に改めて文楽…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです