成田でスリランカ人だけ難民申請確認 支援者「出身国による差別」と反発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
外国人で混雑する入国審査場=成田空港第1旅客ターミナルビルで2018年7月9日、中村宰和撮影
外国人で混雑する入国審査場=成田空港第1旅客ターミナルビルで2018年7月9日、中村宰和撮影

 日本を短期滞在で訪れるスリランカ人が昨年11月以降、成田空港で入国審査(2次審査)を受ける際、難民として庇護(ひご)を求める意思の有無や、回答事項にうそがないか確認する文書に記入を求められている。出入国在留管理庁は文書導入の理由を「近年、増加する難民認定申請数を減らすため」としている。全国難民弁護団連絡会議(全難連)は先月下旬、「出身国による差別にあたり、難民条約に違反する」などとし、同庁に文書の撤廃を求めて申し入れた。【鵜塚健/統合デジタル取材センター】

 外国人が空港で入国する際、十分な事情の聞き取りが必要と判断された場合には、ブースで2次審査を受ける。

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文903文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集