「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
(左から)香取慎吾さん、草彅剛さん、稲垣吾郎さん=渡辺亮一撮影
(左から)香取慎吾さん、草彅剛さん、稲垣吾郎さん=渡辺亮一撮影

 「(稲垣)吾郎ちゃんや(草彅)剛くん、(香取)慎吾くんは、ネットには出るのに、どうしてテレビに出ないの?」。SMAPファンでなくても、誰もがごく普通に思っていた疑問だった。

 公正取引委員会は、SMAP解散後、ジャニーズ事務所から独立した元メンバーの稲垣さん、草彅さん、香取さんの3人について、民放テレビ局などに3人を出演させないよう圧力をかけていた疑いがあり、独占禁止法違反につながるおそれがあるとして、ジャニーズ事務所を17日までに注意した。多くのタレントを輩出しジャニーズ事務所を大きく育てた創立者、ジャニー喜多川さんが死去して間もないが、ごく普通の疑問に「それはおかしいこと」と公取委は判断を示した。

 芸能界では昔から「事務所を辞めると干される」というしきたりが存在し、多くの有名俳優、有名歌手が一定期間、活動できなかった。時間と手間とお金をかけて育てた芸能人に、人気者になったとたんに事務所から出ていかれては事務所が成り立たない、という考えからだ。

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1529文字)

あわせて読みたい

ニュース特集