メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

かつらの下にコカイン、スペイン空港でコロンビア人の男拘束

 スペインの警察当局によると、バルセロナの国際空港で、かつらの下に0.5キロのコカインを隠していたとして、コロンビア出身の男が拘束された。写真は警察が16日に提供(2019年 ロイター)

[PR]

 [マドリード 16日 ロイター] - スペイン北東部バルセロナの国際空港で、かつらの下に0.5キロのコカインを隠していたとして、コロンビア出身の男が拘束された。スペインの警察当局が16日明らかにした。

 男はボゴタ発のフライトで到着。緊張している様子で、帽子の下に異常に大きなかつらを着けていたことから、警察の注意を引いた。調べたところ、およそ3万ユーロ(約364万円)相当のコカインが頭部に貼り付けられているのが見つかった。男は6月末に拘束されたという。

 警察は声明で「当局の監視を逃れようとする麻薬密輸業者の創意工夫には限界はない」とした。声明には、かつらをかぶったままの中年の男の写真が含まれていた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです