メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

勸玄くん、父・海老蔵休演で見事に“独り舞台”務め上げる

十三代目市川団十郎の襲名を発表し、あいさつする市川海老蔵さん(右)と、八代目市川新之助の襲名を発表した堀越勸玄さん=東京都中央区の歌舞伎座で2019年1月14日午前9時2分、竹内紀臣撮影

[PR]

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)が急性咽頭炎のため休演した「七月大歌舞伎」の昼の部が16日、東京・歌舞伎座で行われた。

     長男の堀越勸玄(かんげん)君(6)が出演する「外郎売(ういろううり)」は、代役を立てず演出を一部変更して上演。父がいない舞台は初となったが、見どころとなる約4分の早口言葉を堂々披露。2階席からは祖母・堀越希実子さんも見守っていた。“独り舞台”を務め上げると、客席からは拍手が鳴りやまなかった。

     劇中口上には海老蔵の代わりに中村梅玉(72)が登場。「父の不在で心細いと思いますが、一生懸命務めます。ご見物のほど、私も海老蔵に成り代わり、何とぞお願い申し上げます」とあいさつした。海老蔵は、17日は休演し、18日から通常通りの配役で舞台復帰する。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

    2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

    3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

    4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

    5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです