メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
没後200年・伊能忠敬を歩く

/15 宮城県白石市 秘薬の名産地に降り立つ

 1800年6月18日早朝、小雨が降る中、伊能忠敬率いる測量隊は瀬上宿(福島市)を約40キロ先の大河原宿(宮城県大河原町)に向かって出発した。「測量日記」には宿場間の距離と天気しか記録されていない。忠敬が測量以外にどのような興味を持って奥州街道を歩いたのか、同日記からは読み取れないのが残念だ。そんな中、途中の斎川宿(同白石市)が江戸時代の秘薬の名産地だったと耳にした。もしかしたら忠敬も買ったかもと7月中旬、最寄りのJR東北線越河(こすごう)駅に降り立った。

 「最寄りの」と書いたが、スマートフォンの地図アプリで調べると、斎川まで2キロ以上もある。旧街道に重…

この記事は有料記事です。

残り1332文字(全文1612文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  4. 磯部温泉 安中市、「恋人の聖地」に 「結び処」を設置、カップル呼び込め /群馬

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです