メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きままに演芸

円朝が集めた幽霊画

全生庵が所蔵する幽霊画

 夏の風物詩といえば怪談話。東京・谷中の全生庵で8月1~31日、毎年恒例の「幽霊画展」が開催される。江戸末期から明治にかけて活躍し、落語中興の祖といわれる三遊亭円朝が収集した数々の幽霊画が1カ月限定で公開される。

 円朝は「死神」や「牡丹燈籠(ぼたんどうろう)」、「真景累ケ淵(しんけいかさねがふち)」など人情噺(ばなし)や怪談噺で数々の名作を生み出した。昨年7月に死去した桂歌丸が、こうした長編噺に精力的に取り組んだことでも知られている。円朝は創作の参考にするため、多数の幽霊画を集めていたといい、現在は墓所がある全生庵が所蔵している。

 幽霊画展は今年で35回目。毎年約3000人が来場するという。展示されるのは円山応挙の作と伝わるもの…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです