メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
東日本大震災

福島第1原発事故 大崎試験焼却 中止の可否、どう判断 仮処分抗告審あす高裁決定 /宮城

 東京電力福島第1原発事故による放射性物質に汚染された牧草などの大崎地域広域行政事務組合による「西部玉造クリーンセンター」(大崎市岩出山)での試験焼却中止を求めた仮処分の即時抗告審で、仙台高裁(山本剛史裁判長)は19日、決定を出す。抗告が棄却されると、住民側は憲法違反などの場合を除き最高裁に特別抗告できず、組合が計画する22日からの試験焼却の第6クール(最終クール)は予定通り実施される。

 一方、申し立てを却下した今年4月の仙台地裁決定を覆す決定が出れば、同原発事故を受けて各地で進む焼却…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文522文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです