メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
旧優生保護法を問う

被害者に個別通知を 弁護団、救済制度で県に要望 /宮城

 旧優生保護法(1948~96年)下で強制不妊手術を受けた被害者に一時金320万円を支給する救済法を巡り、当事者を支援する仙台弁護団(新里宏二弁護団長)が被害者に制度を個別通知するよう県へ要望書を提出した。提出は16日付。

 強制不妊手術被害者への個別通知を巡っては、村井嘉浩知事は当事者へのプライバシー配慮などを理由に「実施しない」と消極的な姿勢を示している。

 要望書で弁護団は「知的障害や認知症などにより当事者が被害を認識できず、一時金支給の対象であると理解…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文457文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです