企画展

太田道灌の死後、戦国争乱 横浜市歴史博物館 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「“道灌以後”の戦国争乱」展のチラシ=横浜市歴史博物館提供
「“道灌以後”の戦国争乱」展のチラシ=横浜市歴史博物館提供

 埼玉県指定文化財が複数出品されている歴史企画展「“道灌以後”の戦国争乱」が横浜市歴史博物館で開かれている=写真はチラシ、同博物館提供。31日まで。

 道灌こと太田道灌は、江戸城のほか河越城(川越市)や岩付城(さいたま市岩槻区)の築城で知られる。主に鉢形城(寄居町)などを舞台とした「長尾景春の乱」(1476~80年)を鎮めた後、主君の扇谷上杉氏に討たれて非業の死を遂げた。その子孫である江戸城を拠点とした江戸太田氏と岩付城の岩付太田氏らにスポ…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文554文字)

あわせて読みたい

ニュース特集