メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ぐるっと首都圏・食べる・つながる

栃木・那須塩原 パン・アキモト 飢餓地域救うパンの缶詰 /東京

パン・アキモト石窯パン工房「きらむぎ」で秋元義彦社長=栃木県那須塩原市で

防災備蓄用転じ、世界に

 パンで世界を救おう--。アンパンマンではない。栃木県那須塩原市の「パン・アキモト」の取り組みである。柔らかい防災備蓄用パンを賞味期限が切れる前に回収し、アフリカなどの飢餓地域に届けているのだ。「救缶鳥」という。社長の秋元義彦さん(66)は「日本のやさしさを世界に届けたい」と話す。【真田祐里】

 「パン・アキモト」の前身は1947年、秋元さんの父健二さんが開業した。「救缶鳥」のルーツは秋元さん…

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1160文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです