メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演

性犯罪被害者、孤立させないで 当事者、支援充実訴え /長野

警察官らを前に自身の被害体験を語る早川恵子さん=長野市鶴賀問御所町の市生涯学習センターで

 見知らぬ男から、「魂の殺人」とも言われるレイプ被害に遭った早川恵子さん(39)=愛知県豊橋市=が、このほど長野市内で講演(県犯罪被害者支援連絡協議会が主催)。警察官など被害者支援に携わる関係者ら約200人を前に、被害者支援の充実を訴えた。

 2004年、当時24歳だった早川さんが深夜まで及んだ音楽活動を終えて車で帰る途中、睡魔に襲われコンビニエンスストアの駐車場に車を止めて目を閉じた時、突然助手席に見知らぬ男が乗り込み、首を絞められた。その後、人けのない場所まで運転させられ、レイプ被害に遭った。

 「『殺さないで』と命乞いをしていたんですけれども、(被害後は)『何で生きているんだろう』『何で殺さ…

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1371文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 事件後に25万円引き出される 奈良・橿原男性焼死 アパート住民と連絡取れず

  4. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです