メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
企画展

「地球の彩りを宇宙から」 環境守る大切さ再認識を 四日市公害と環境未来館で20日から /三重

 「四日市公害と環境未来館」(四日市市安島1)は20日から、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力を得て、開館5周年を記念した企画展「地球の彩りを宇宙から」(毎日新聞社など後援)を開催する。地球観測衛星がとらえた美しい自然や温暖化で変化する姿を写真パネルなどで紹介し、地球環境を守る大切さを再認識してもらうのが狙いだ。

 海や湖を写し出す「青」、アマゾンなど熱帯雨林に着目した「緑」、砂漠や砂丘の不思議な光景を伝える「黄…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文611文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. 「ナガシマスパーランド」ジャンボ海水プールに4万5000人 三重・桑名

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. ORICON NEWS 『サザエさん』マスオ役41年・増岡弘が卒業で感謝と惜しむ声続々「増岡マスオロスだ…」

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです