メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山南漁協の補助金不正受給

組合長ら謝罪 /和歌山

 和歌山南漁協(本所・田辺市)が白浜町や田辺市から漁業振興の補助金を不正に受給していた問題で、引責辞任を表明した役員が16日、記者会見した。榎本秀春組合長(86)は「多くの人に迷惑かけ、問題解明に約1年かかったことを深くおわびする」と謝罪し、運営体制刷新のため早急に新役員選出の手続きに入ることを明らかにした。

 記者会見は役員12人のうち10人が出席。不正受給が起きた原因について、榎本組合長は「組合長として収…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  4. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  5. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです