メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公取委

ジャニーズ注意 元SMAP出演巡り圧力か 独禁法違反恐れ

 2016年末に解散したSMAPの元メンバー3人のテレビ出演を巡って、ジャニーズ事務所がテレビ局に対し出演させないよう圧力をかけた疑いがあり、公正取引委員会は独占禁止法違反の恐れがあったとしてジャニーズを注意した。関係者が取材に明らかにした。公取委は、過去に映画会社同士が俳優の引き抜き防止などを取り決めた「五社協定」を巡り調査した例があるが、移籍トラブルを巡り芸能事務所に注意したのは初めてとみられる。

 関係者によると、公取委は、ジャニーズが独立した3人をテレビに出演させないようテレビ局に圧力をかけた疑いがあったとして調査。直ちに独禁法違反になる具体的な行為は認められなかったが、違反につながる恐れがあったと判断したという。注意は未然防止の観点から出され、文書や口頭で出される場合がある。今回は独禁法で禁じる「取引妨害」に当たる恐れがあったとみられる。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです