メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外桃田が2連覇、男子単日本初 バドミントン世界選手権
木語

香港デモで蔡氏回復=坂東賢治

 <moku-go>

 台北市中心部の総統府は日本統治時代の1919年3月、台湾総督府庁舎として7年の歳月をかけて完成した。上空から「日」の形に見える建物は中央部に高さ60メートルの塔が配され、当時、日本本土を含めても最も高い建造物だった。

 100周年の今年、庁舎内で歴史を振り返る特別展が開かれている。国民党の一党支配体制を突き崩した民主化の歴史に光を当て、民進党政権の開放性を強調する展示は来年1月の総統選に向けた蔡英文総統の再選戦略と重なる。

 昨年11月の統一地方選では野党・国民党に大敗し、党主席を辞任した蔡氏は中国の「失策」を巧みに利用し…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1030文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  3. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  4. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  5. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです