メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

情報は誰のもの 改めて確認を=永海俊

 参院選に向けた自民党の公約集に情報公開や公文書管理制度の強化をうたう項目はない。

 財務省による公文書改ざんが発覚してから、今回は初の国政選挙だ。「森友・加計」問題などを受けて公文書ガイドラインを改定し、もう制度に改善の余地はないということだろうか。

 だが、つい最近も、安倍晋三首相が首相官邸で官庁幹部と面談した際の記録を官邸が一切作成していなかったことが判明している。

 首相の指示などが記録に残らなければ、後からどう検証するのか。現行制度で記録義務がないというなら制度…

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  3. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  4. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  5. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです