メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

百舌鳥・古市古墳群、世界文化遺産 史跡指定で市民の手に=花澤茂人(大阪学芸部)

大山古墳(仁徳天皇陵)の拝所。世界遺産登録決定を受け、大勢の人が訪れるが、立ち入ることは許されない=堺市で8日、花澤茂人撮影

 大阪府の「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されることになった。その大きな特徴は、構成資産49基のうち29基が、宮内庁が天皇や皇族の墓などとして管理する「陵墓(りょうぼ)」だという点だ。天皇家の祖先祭祀(さいし)の場としての「静安と尊厳を守る」ために原則立ち入りが禁じられ、学術調査もされない。しかし、人類共通の遺産となった古墳群を未来に伝えていくためには、こうした現状が良いとは思えない。登録を機に、古墳群を含む歴史上重要な陵墓を史跡指定し、市民に身近な存在へと変えていくべきではないか。

 登録決定2日後の8日、主要な構成資産の一つ、大山(だいせん)古墳(仁徳天皇陵、堺市)を訪れた。「拝…

この記事は有料記事です。

残り1716文字(全文2043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

  5. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです