メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
検証

欧州委員長、薄氷の選出 「密室選考」に議会反発 政治勢力細分化、調整難しく

 欧州連合(EU)の欧州議会(定数751)は16日夜(日本時間17日未明)、11月に就任する次期欧州委員長としてドイツのフォンデアライエン国防相(60)を承認した。フォンデアライエン氏は女性初となるEUトップの座を射止めたが、採決では半数をわずかに上回る薄氷の勝利。政治勢力の細分化が進む欧州議会における調整の難しさが浮き彫りになるなかで、人選協議を主導したマクロン仏大統領が存在感を強めた。【ブリュッセル八田浩輔】

 「団結した強い欧州のため努力する」。仏ストラスブールで行われた16日の本会議で新欧州委員長に選出さ…

この記事は有料記事です。

残り1888文字(全文2146文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです