メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

「国に帰れ」 裏に再選戦略 岩盤支持層にアピール、野党左傾化を印象付け

 トランプ米大統領がイスラム系やマイノリティー(少数派)の野党下院議員4人に対して「国に帰ったらどうか」と発言し、大きな反発を招いている。だが、トランプ氏本人は発言を撤回するどころか、同じ主張を繰り返している。発言からは、保守派の「岩盤支持層」にアピールすると共に、野党・民主党の「左傾化」を強く印象付けて批判材料にしようとするトランプ氏の再選戦略が透けて見える。

 トランプ氏は14日、ソマリア出身のイルハン・オマル氏やプエルトリコ系のアレクサンドリア・オカシオコ…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1073文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  5. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです