メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アポロ11号

打ち上げ50年 米、再び月へ意欲

アポロ11号の着陸船(左)から降り、月面に立てた星条旗を見るオルドリン飛行士=NASA提供、共同

 1969年7月20日に米国の宇宙船アポロ11号のアームストロング船長らが初めて月面に到達してから50年。米国は再び有人月探査に強い意欲を見せている。トランプ政権は「次は旗を立てるだけでなく、滞在するために行く」と息巻くが、輸送手段はなく開発も遅れている。有人探査への国民の熱気も50年前とは様変わりしており先行きは不透明だ。

 「5年以内に飛行士を月面に送る。どんな手段を使ってでも実現させる」。3月、米国の宇宙政策を議論する…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文828文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

  5. らっこ・アーティスト Chage でこぼこ道でも未来へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです