メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

「仮設」建材でモニュメント 復興プロジェクト、組織委発表

「復興五輪」の象徴として設置されるモニュメントのイメージ(C)Tokyo 2020(制作:LIXIL)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は17日、東日本大震災の被災3県で仮設住宅として使われていたアルミ建材を再利用し、モニュメントを制作すると発表した。被災地からのメッセージも添えて3基制作し、会場内に設置する。

 住宅設備大手「LIXIL(リクシル)」、東京芸大、被災3県などと連携し、大会理念の「復興五輪」を具現化するプロジェクト。リクシルが昨夏以降、解…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです