メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

今村夏子さん=「むらさきのスカートの女」で第161回芥川賞

 物静かなたたずまいだが、「(描く)主人公があまり幸せじゃないと、楽しい」。ドキリとすることを、さらりと語る。

 受賞作は、ある商店街で注目を集める女の日常。彼女に興味を抱く「わたし」の視点で描いた。柔らかな文体に導かれるままページをめくると、突如として不穏な空気に襲われる。「意識して変なものを書こうと思っているわけではないのですが、自然と浮かんでしまう。どう読むかは、読んだ人に委ねます」

 その言葉通り、選考委員の中でもさまざまな解釈があり、それが評価を高めた。「いろいろな読み方をしてもらった方がうれしい」とはにかむ。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  2. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです