メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・医療・健康

産婦人科、スマホで相談

 スマートフォンや電話を使って産婦人科医に相談する学生に向けた初めてのサービスが始まった。「内診は恥ずかしい」「妊娠したのかと誤解されたくない」など、産婦人科医の診察を受けることに抵抗感のある学生が少なくないためだ。生理痛一つを取っても、子宮内膜症など隠れた病気が悪化するサインかもしれず、専門家は手遅れにならないよう早期の受診を訴えている。

 「『産婦人科は妊娠したら行くところ』というイメージがあるが、そんなことはありません」。産婦人科医の重見大介医師はこう強調する。

この記事は有料記事です。

残り1143文字(全文1378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スウェーデンも5Gでファーウェイを禁止 安保上の懸念を理由に

  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  3. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  4. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです