メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・医療・健康

産婦人科、スマホで相談

 スマートフォンや電話を使って産婦人科医に相談する学生に向けた初めてのサービスが始まった。「内診は恥ずかしい」「妊娠したのかと誤解されたくない」など、産婦人科医の診察を受けることに抵抗感のある学生が少なくないためだ。生理痛一つを取っても、子宮内膜症など隠れた病気が悪化するサインかもしれず、専門家は手遅れにならないよう早期の受診を訴えている。

 「『産婦人科は妊娠したら行くところ』というイメージがあるが、そんなことはありません」。産婦人科医の…

この記事は有料記事です。

残り1157文字(全文1378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. 職員PC、定時で強制終了 働き方改革 あすから枚方市 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです