メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
坂村健の目

「はやぶさ2」に職人技結集

 先週「はやぶさ2、第2回着陸成功」のニュースがあった。記者会見で、津田雄一プロジェクトマネジャーが満面の笑みで「100点満点中1000点の成功です」と語っていたが、その気持ちはよくわかる。

 舞台の小惑星リュウグウは地球から約2億5000万キロ。地球上なら一瞬でつながる電波も、片道14分程度かかる。つまり命令を送っても、結果がわかるのは30分後。そうなると「こうきたら、こうする」というさまざまな状況を想定した制御プログラムを送り込み、後は「現場に任せる」しかない。ゴーを出してからは、管制室は運を天に任せて待つだけ。その緊張は大変なものだったろう。

 2月にも最初のサンプル採取作業成功のニュースが大きく報道されたが、その時点で当初計画の「100点」…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1166文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです