メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

西武4-3ロッテ やっぱり秋山、逆転打

 西武が逆転勝ち。五回に先頭の栗山から3連打で好機を作り、秋山の右前2点打で逆転。さらに外崎も2点適時三塁打で続き、リードを広げた。本田が7回1失点で5勝目。ロッテは終盤に追い上げたが、七回までに3併殺の拙攻が響いた。

覚悟の打席で

 殊勲の一打を放ったヒーローが、一塁上で表情を崩すことはなかった。西武の秋山が1点を追う五回に放った後半戦初安打は、逆転の2点適時打。しかし沸き立つベンチやスタンドとは対照的に、本人は淡々としていた。

 並々ならぬ覚悟で臨んだ打席だった。チームは手を焼いていたロッテの新人左腕・小島から、五回に3連打で…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです