メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

西武4-3ロッテ やっぱり秋山、逆転打

 西武が逆転勝ち。五回に先頭の栗山から3連打で好機を作り、秋山の右前2点打で逆転。さらに外崎も2点適時三塁打で続き、リードを広げた。本田が7回1失点で5勝目。ロッテは終盤に追い上げたが、七回までに3併殺の拙攻が響いた。

覚悟の打席で

 殊勲の一打を放ったヒーローが、一塁上で表情を崩すことはなかった。西武の秋山が1点を追う五回に放った後半戦初安打は、逆転の2点適時打。しかし沸き立つベンチやスタンドとは対照的に、本人は淡々としていた。

 並々ならぬ覚悟で臨んだ打席だった。チームは手を焼いていたロッテの新人左腕・小島から、五回に3連打で無死満塁の好機をお膳立てした。「ずっとチャンスで打てていない。これで打てなければ終わりかなと思った」と秋山。フルカウントからの7球目。少し短く持ったバットで甘い速球を振り抜き、鋭い打球を右前に運んだ。

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです