メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

主審ら4人処分 J1ゴール判定で混乱招く

 サッカーのJ1横浜マ-浦和戦(13日、日産スタジアム)でゴールの判定が二転三転して試合が中断した問題で、日本サッカー協会は17日、東京都内で審判委員会を開き、外部からの情報を判定の根拠にしようとした相楽亨副審と第4の審判員の大坪博和氏を1カ月の資格停止処分とすることを決めた。松尾一主審は14日から…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文370文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 元パラ選手マリーケ・フェルフールトさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです