国の借金、誰が返す? 子ども世代に不安の声

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
政党アンケート3回「財政・地球温暖化対策」
政党アンケート3回「財政・地球温暖化対策」

毎日小学生新聞 政党アンケート③

 子どもたちに政治への関心を高めてもらおうと毎日小学生新聞が実施した政党アンケート。問いの中には、子どもの関心が高い社会課題について、子どもの目線で各党に尋ねたものもある。その一つが国の借金だ。

「悲劇の主人公」

 毎日小学生新聞編集部に寄せられる読者のみなさんからのはがきには、国の借金や地球温暖化について「詳しく知りたい」「心配だ」という意見がよく書かれています。国会議員はまさに、そのかじ取りをします。参議院選挙に向けたアンケートで、各政党に答えてもらいました。

 昨年末の国の借金は1100兆円超。国民1人当たり約871万円の借金を抱えている計算です。財務省が専門家を集めた会議(財政制度等審議会)は昨年末の意見書で、借金のつけを回される子ども世代を「悲劇の主人公」と表現しました。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文632文字)

あわせて読みたい