メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

電力の災害復旧で積立金 大手の費用負担軽減へ

 経済産業省は、台風や地震などの災害で被害を受けた送電設備の復旧費について、被災地域の大手電力会社が負担する現行の制度を改め、全国の大手電力会社が共同で引当金を積み立てる基金の設立を検討する。昨年の西日本豪雨や台風被害などで特別損失を計上する電力会社が相次ぐなど、電力の安定供給に支障が生じる懸念が出ていた。有識者委員会で具体策の議論を深め、関連法令の改正などを進める。

 現行制度では、被災地を管轄する大手電力会社が復旧費を負担している。一部を電力小売会社から徴収する送…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文801文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです