メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「捜査にはまだ数年かかる」 ウクライナでのマレーシア機撃墜5年

ウクライナ軍と親露派の最前線となっているマイオルスク村では、多くの住宅が破損していた=ウクライナ東部ドネツク州マイオルスク村で2019年7月12日、大前仁撮影

 ウクライナ東部でマレーシア航空機が撃墜され、乗員乗客298人が犠牲になった事件から17日で5年を迎えた。多くの犠牲者を出したオランダが主導する合同捜査チームは今年6月、撃墜に関与したとしてロシアの元軍人らの訴追に踏み切った。一方、撃墜現場を実効支配する親露派勢力とウクライナ軍の戦闘が収束する見通しは立たない。

 「指揮系統と(ミサイルを発射した)部隊の二つの筋の捜査にはまだ数年かかる」。国際合同捜査チームを率…

この記事は有料記事です。

残り1743文字(全文1949文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです