メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇部ラーメン「くさうま」の衝撃 博多豚骨育ちがブランド化

大阪屋の宇部ラーメン=山口県宇部市新天町で2019年6月5日午後2時15分、坂野日向子撮影

 山口県宇部市は瀬戸内海に面した工業都市である。昭和の残り香がする市中心部の商店街を歩いていると「宇部ラーメン」の旗を掲げた店が見えた。換気扇から放たれる「むんわり」とした豚骨のにおいが食欲を刺激する。

 濃厚さと独特のにおいが特徴の豚骨ラーメンだ。その地元の味を数年前から町の若者たちが「くさうま、宇部ラーメン」のフレーズでブランド化させ発信してきた。発起人の会社員、黒田隆明さん(36)は「『ここに来たら食べてみよう』と思われるものを作りたかった」と語る。

 宇部は県最大の空港を擁する「空の玄関口」でもある。食べ歩きが趣味の黒田さんは思った。「名物のグルメ…

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1289文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  2. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  3. 県産キャビア、モナコ公室御用達に 20グラム2万円 ウオッカも販売 /宮崎

  4. 関電金品受領問題 後任社長人事にも影響 調査次第で「候補者全滅」も

  5. 板橋区議に「なめてると海に沈められるよ」 恐喝未遂容疑で32歳女を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです