メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウイルス性感染症「ヘルパンギーナ」 山口県が流行発生警報

山口県庁=山口市滝町で2019年3月11日、祝部幹雄撮影

 山口県は17日、県下全域にウイルス性感染症「ヘルパンギーナ」の流行発生警報を発令した。ワクチンや特効薬はないため、手洗いの徹底などを呼び掛けている。

 乳幼児を中心に夏に流行する感染症で、発熱に続いて、のどの痛みや口の中に水疱(すいほう)ができる。まれに髄膜炎を引き起こすことがあり、早めの医療機関へ…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 池袋暴走書類送検 遺族の松永さん「やっとスタートラインに」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです