メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

観光客呼び込み国内唯一の「パゴダ」守ろう 北九州のミャンマー寺院

調査のためパゴダの屋根に上る西日本工大の学生ら=北九州市門司区の世界平和パゴダで2019年6月4日、長谷川容子撮影

 北九州市門司区にある国内唯一の本格的なミャンマー式仏教寺院「世界平和パゴダ」。門司港を見守る金色の仏塔の国の登録有形文化財への登録を目指すプロジェクトが動きだしている。パゴダの運営を支える奉賛会(佐久間進会長)の依頼で大学による調査も進んでおり、登録で光を当てて観光客を呼び込み、建物の維持管理費の調達にもつなげたい考えだ。

 パゴダは1958年、第二次大戦中のビルマ(現ミャンマー)で戦没した兵士らの慰霊などのため、当時のビ…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文895文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです