「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 現場では「京都アニメーション」で働くスタッフの家族らが不安そうに救助活動などを見守った。

 京都府木津川市の大工の男性(69)は18日夕、入社2年目の孫の女性(21)の安否を確かめるため訪れた。

 孫がアニメのイラストレーターを目指して専門学校に通っていた頃、作画の練習のため、手作りの机をプレゼントした。最近はアニメ映画のエンドロールに孫の名前が載ることもあり、「立派に仕事しているな」とうれしく思っていた…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

あわせて読みたい

注目の特集