東海地方、各地で大雨 土砂災害などに注意呼びかけ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
気象庁
気象庁

 東海地方は18日、梅雨前線や暖かく湿った空気の影響で各地で大雨となった。名古屋地方気象台によると、19日から20日にかけても大気の状態が非常に不安定になるといい、土砂災害や激しい突風などに注意するよう呼びかけている。

 同気象台によると、18日午前から激しい雨が降り、1時間雨量は最大で岐阜市66.5ミリ▽三重県四日市市58ミリ▽愛知県新城市44ミ…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

あわせて読みたい

ニュース特集