「野生絶滅」にクニマス ゲンゴロウブナなど淡水魚25種が絶滅危惧に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「野生絶滅」に分類されたクニマス=秋田県仙北市で2017年6月14日、山本康介撮影
「野生絶滅」に分類されたクニマス=秋田県仙北市で2017年6月14日、山本康介撮影

 絶滅や絶滅の恐れのある生物種を国際自然保護連合(IUCN、本部・スイス)が評価するレッドリストの最新版が18日、公表された。2010年に山梨県で生息が確認されたクニマスが「野生絶滅」に分類されたほか、ゲンゴロウブナなど国内に生息する淡水魚25種が新たに絶滅危惧種に指定された。

 クニマスは秋田県・田沢湖の固有種で絶滅したとされたが、山梨県・西湖で約70年ぶりに確認。田沢湖から移された卵が元になって繁殖したと考えられている。IUCNは今回、水族館など人が介在することでしか生存しない「野生絶滅」と判…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

あわせて読みたい

注目の特集