メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

上質感のアップとともに車名も変更! デミオ改めMAZDA2の予約受注をスタート

情報提供:カートップ

上質感のアップとともに車名も変更! デミオ改めMAZDA2の予約受注をスタート

人馬一体をさらに追求! 質感を高めた新デザインも採用した

 マツダは7月18日、5ドアハッチバック「デミオ」を「MAZDA2」に車名変更するとともに、新たなデザインと技術を取り入れた新モデルとして発表し、予約受注を開始した。発売は9月12日(木)を予定している。価格(税込み)は154万4400円〜261万9000円。

 MAZDA2は日常を豊かにする「上質なパーソナルカー」をコンセプトに、普段の生活の中でユーザーが感じる質感にこだわった。デザインやクラフトマンシップといった「見て、触れて感じる質感」の領域に加え、操縦安定性や乗り心地、静粛性にも抜かりはない。

MAZDA2

 動き出した瞬間からクルマと一体になったような自然な感覚で運転できるよう、頭がぶれにくい新構造のフロントシートや、サスペンションシステムなどに「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」の考え方を取り入れた。

MAZDA2

 また、高速走行時の車両の挙動をより安定させるため「G-ベクタリングコントロールプラス」を採用。実用燃費を改善する、i-ELOOP(減速エネルギー回収システム)をディーゼルエンジンだけでなく、ガソリンエンジンにも展開し、環境性能を向上した。

 安全性能も高めている。「マツダレーダークルーズコントロール」に全車速追従機能と搭載するとともに、ヘッドライトのLEDユニットを20分割にすることで夜間視認性を高めた「アダプティブLEDヘッドライト」を設定した。

MAZDA2

 インテリアは上質感と遊び心を両立したおしゃれなデザインを施している。エクステリアには高輝度塗装の16インチアルミホイールを用意するなどエレガントさを追求した。


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです