メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・時代の目

存在のない子供たち 罪に問われるべきは

 中東の貧民窟で、両親に出生届も出されず育った12歳のゼイン(ゼイン・アル・ラフィーア)は、危うい商売で多くの兄妹を養っていた。妹が家主に売られ結婚させられたことをきっかけに家を飛び出し、赤ん坊を抱えたラヒル(ヨルダノス・シフェラウ)の元に身を寄せる。が、ラヒルも拘束される。赤ん坊と取り残されてしまったゼインは、盗みや、処方箋で入手した薬の横流しなどあらゆる手段で二つの命を守ろうとする。

 「自分を産んだ罪」で両親を訴え、法廷で証言するゼインの回想形式で物語は進む。リサーチに基づくフィク…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

  3. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. サラリーマン川柳 「我が家では 最強スクラム 妻・娘」 第33回サラリーマン川柳優秀100句を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです