メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【16時~】解説動画・ユキコの部屋「3万年前の航海」
シネマの週末・時代の目

存在のない子供たち 罪に問われるべきは

 中東の貧民窟で、両親に出生届も出されず育った12歳のゼイン(ゼイン・アル・ラフィーア)は、危うい商売で多くの兄妹を養っていた。妹が家主に売られ結婚させられたことをきっかけに家を飛び出し、赤ん坊を抱えたラヒル(ヨルダノス・シフェラウ)の元に身を寄せる。が、ラヒルも拘束される。赤ん坊と取り残されてしまったゼインは、盗みや、処方箋で入手した薬の横流しなどあらゆる手段で二つの命を守ろうとする。

 「自分を産んだ罪」で両親を訴え、法廷で証言するゼインの回想形式で物語は進む。リサーチに基づくフィク…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文507文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 処理水放出「誰か言わねば。捨て石でいい」 原田氏、持論再び

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです