メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

中上健次の夏

 8月に死去した和歌山県新宮市出身の作家、中上健次(1946~92年)には夏のイメージがある。故郷に創設した文化組織「熊野大学」の夏期セミナーが命日に合わせて8月上旬に開催され、ここ数年、毎年のように参加してきた。山と海、川に囲まれ、物語の舞台にもなったこの地で、全国から集まる参加者や講師らと中上文学について語らうのは夏恒例の至上の時だ。

 この夏は東京・新宿でも中上健次の世界に触れることができた。花園神社境内で椿組が上演する野外劇「芙蓉…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです