メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

散歩日和

神戸新鮮市場(神戸市兵庫区) 誇りと意気と居心地と

「神戸の台所」としてにぎわいをみせる神戸新鮮市場=神戸市兵庫区で、高尾具成撮影

 梅雨時にも楽しく歩ける長いアーケードが続く「神戸の台所」、神戸新鮮市場(神戸市兵庫区)を歩いた。

 1911(明治44)年開園の湊川公園からスタート。湊川は水害などで古くから流路変更を繰り返し、現在の新湊川に付け替えられた。一帯は埋め立てられた場所だ。24(大正13)年にシンボルの神戸タワーが建設されたが、68年に解体。歴史を刻むプレートが埋め込まれたカリヨン時計塔があった。

 公園の階段を降りると、北側約1キロの間に広がる神戸新鮮市場の南側入り口に。東山商店街▽ハートフルみなとがわ▽湊川商店街▽ミナイチ▽マルシン--の五つの市場・商店街に500以上の店舗があったが、一角のミナイチは3月末で施設老朽化などを理由に営業終了。現在は市場全体で430店舗ほどになった。

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストア店の業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 「海女の支援に」 アワビ稚貝と真珠のピンバッジが人気

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです