メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019知事選

模擬選挙で投票率向上 高崎経大、制度の問題点も実感 /群馬

知事選と参院選の投票率アップを目指して実施された知事選の模擬投票=群馬県高崎市上並榎町の高崎経済大学で

 知事選と参院選の投票日が21日に迫る中、若者の投票率アップにつなげようと、高崎経済大学(高崎市)で知事選の模擬投票が実施されている。立候補者は実際の知事選と同じ。参加した学生からは、選挙への関心が高まったという声の一方で、「公約を知る機会が少ない」「不在者投票の手続きが面倒」などと実際の選挙制度への指摘も相次いだ。模擬投票は19日も実施される。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです