メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県内12古墳

カードに 世界遺産登録「百舌鳥・古市」参考に 県が作製 /群馬

県が配布予定の「ぐんま古墳カード」のもとになった百舌鳥・古市古墳群を紹介する「もず・ふるカード」の表面=大阪府藤井寺市世界遺産登録推進室提供

 東日本最大の「古墳県」をPRしようと、県は県内12カ所の古墳について写真や解説文を掲載した数量限定の「ぐんま古墳カード」を作製し、8月上旬から無料配布する。大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産に登録されたことにもあやかった。

 古墳時代の群馬は、畿内地方(大和や河内など)のヤマト政権と密接な関係があり、古墳の形状にも共通点がみられるという。

 カードになるのは、東日本最大規模となる大型前方後円墳の太田天神山古墳(太田市)や八幡塚古墳(高崎市…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです