メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

「毎日釣り教室」参加者募集 小網代で来月5日 初心者歓迎、料理講習も /神奈川

[PR]

 2019毎日フィッシングフェスティバル第39回「毎日釣り教室」(毎日新聞横浜支局、釣り船「丸十丸」主催、スポーツニッポン新聞社後援)を8月5日に開催します。海釣りを楽しみながら、環境保護やマリンレジャーの安全性を考える機会として、夏休みの思い出にご家族連れなどでぜひご参加ください。

     教室はアジなどを狙う五目釣り。調理方法の講習もあります。初心者も歓迎です。

     <開催場所>三浦半島・小網代。台風などの悪天候を除き雨天決行。

     <集合>8月5日午前8時~8時半、京浜急行三崎口駅前。車での送迎あり。小網代港への直行可。午後4時ごろ解散。

     <道具>サオ1本。仕掛けはコマセ、サビキ針。

     <参加費>家族、職場の同僚などペアでの参加は1万円(1人追加ごとに5000円増し)。1人での参加は5500円。いずれも船代、貸しザオ代、仕掛け1個などを含む。弁当とクーラーは各自持参。

     <船席順>申し込み先着順。当日乗船前に発表。

     <審査>各自が釣った最も大きい魚の全長。

     <申し込み>現金書留で参加費を郵送。別紙に参加者全員の住所、氏名、年齢、電話番号、貸しザオ希望の有無を明記。宛先は、〒231-0005 横浜市中区本町1の3 毎日新聞横浜支局「毎日釣り教室A」係。7月31日必着。キャンセルは8月4日午後5時まで。

     <問い合わせ>電話045・211・2471

     <協賛>湘南毎日会、神奈川トヨタ自動車、京浜急行電鉄、エバラ食品工業、マルキュー、グローブライド、シマノ、クレハ合繊、サクラ高級釣竿製造所、ありあけ

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

    2. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

    3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

    4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

    5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです