メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高大接続教育改革シンポジウム

どうなる?21年大学入試 70人出席 大阪・北区 /大阪

2021年1月に始まる大学入学共通テストの課題などについて意見を交わしたパネルディスカッション=大阪市北区で、大坪康巳撮影

 大学入試のあり方などについて意見を交わす「第14回高大接続教育改革シンポジウム」(駿台予備学校、大学通信、毎日新聞社共催)が12日、大阪市北区の毎日インテシオであった。2015年から東京、大阪などで行われ、今回は「どうなる2021年入試」がテーマ。大学・高校関係者約70人が出席した。

 高大接続改革は高校教育、大学教育、大学入試を一体的に改革する文部科学省の政策。大学入試は21年1月からセンター試験に変わって大学入学共通テストが始まる。英語で…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「性暴力被害者の声をつぶすな」フラワーデモ主催者らオンラインで緊急集会 杉田議員発言に抗議

  2. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  3. プロ野球 DeNA5-2広島 広島・森下、新人王へ足踏み

  4. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  5. 新型コロナ 佐野の30代男性が感染 /栃木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです