メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

合同訓練

バスジャックに対応 養父署など /兵庫

訓練で、バスから降りてきた犯人役(左から2人目)を制圧する養父署員ら=兵庫県養父市八鹿町で、松田学撮影

 養父署は16日、隣接する朝来、豊岡南署などと合同でテロ対応(バスジャック)訓練を養父市内で実施した。

 同市は2021年5月に開催される「ワールドマスターズゲームズ関西」のオリエンテーリング競技(フォレスト)会場になっている。訓練は、市の大会本部が置かれる同市八鹿町の道の駅ようか但馬蔵に「大会に反対…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  2. 北朝鮮の元クウェート大使代理が韓国に亡命 妻子も同行「子どもにより良い未来を」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです