メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わかやま釣り情報

紀中 アカイカ1人50匹=宇井晋介 /和歌山

紀北 サビキで豆アジ750匹

 紀南の夏の風物詩となったカジキ釣り大会「ビルフィッシュトーナメント」。すさみに続き串本の大会も終了した。串本大会では200キロオーバーのクロカジキも出て盛り上がった。お金持ちの道楽と思われがちだが、1匹の魚を追いかける釣り人の気持ちはどんな釣りでも変わらない。

 【紀北】サビキで豆アジが750匹。それを追ってきたツバスがルアーやノマセで(マリーナシティ釣り公園073・448・0020)。タイラバ好調で全員安打。最大76センチのマダイの他、ホウボウ、オオモンハタ、コチ。イワシノマセでサゴシとハマチ(釣船海竜090・5974・1716)。シラサエビの餌でイシガキダイ20センチ、カンパチ38センチ、スズキ62センチ。ルアーでソウダガツオ36センチ、ツバス33センチ、タチウオ、カンパチ。ノマセでキジハタ33センチ、ヒラスズキ43センチ、ツバス30センチ。紀州釣りで40センチまでのチヌ。オキアミでヒラメ35センチの他、シオクラスのカンパチ、キジハタ32・5センチ。エギングでアオリイカ0・6~2・0キロ(下津ピアーランド073・494・0940)。

 【紀中】アカイカ胴長10~20センチが1人50匹前後。イサキ26~37センチが1人100~115匹…

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです