メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
文学に陰あり

志賀直哉「暗夜行路」 大山の美が救う苦悩 /島根

 <……美保の関の白い燈台も陽を受け、はっきりと浮び出した。間もなく、中の海の大根島(だいこんじま)にも陽が当り、それが赤〓(あかえい)を伏せたように平たく、大きく見えた>。主人公、時任謙作(ときとうけんさく)が中国地方最高峰の大山(鳥取県)から夜明けを見つめる最終盤の場面である。

 小説「暗夜行路」は文豪・志賀直哉(1883~1971年)の代表作にして唯一の長編だ。1921~37年の長きにわたり、総合雑誌「改造」に断続的に発表された。

 祖父と母の過失によって生まれた主人公、謙作は小説家だ。結婚話が持ち上がるが自身が思う人とはうまくい…

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1142文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. フィリピンで慰安婦像が「不明」に 台座だけ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです